Profile

菅原慎一(すがわら・しんいち)

音楽家。2009年にシャムキャッツのギタリストとしてデビュー。アルバム通算6枚をリリースし、自主レーベル立ち上げなど2010年代のインディーシーンを牽引。2012年ごろからソロ活動を開始。小楽団・菅原慎一BANDを主宰し、2019年に7inchアナログ盤「Ground Scarf / Seashell Song」を発表した。シャムキャッツ解散後は、アジア各地のミュージシャンと交流した経験から、アジアのポップカルチャー研究を行いつつ、プロデュースや執筆など多岐にわたり活動。2019年には、井上康平監督映画「ドンテンタウン」の劇伴音楽と主題歌「晴れ間の日にでも」を書き下ろした。2021年には、井上康平監督映画「鳥を見に行く」の劇伴を即興音楽で担当。2022年には、今泉力哉監督映画「猫は逃げた」の劇伴音楽を担当した。
2022年、自らをShinと命名し、nakayaan、鈴木健人、沼澤成毅とSAMOEDOを結成。同年5月6日に1stシングル「Suiteki」をリリース。

音楽ウェブメディア『TURN』内「魅惑のアジアポップ通信」連載。主な寄稿に、「ミュージック・マガジン」、「ギター・マガジン」。主な企画・出演に、NHK-FM「森崎ウィンのDRIP ASIA」、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」。Podcast番組「好玩電台(ハオワンデンタイ)」ナビゲーター。書籍「アジア都市音楽ディスクガイド」(DU BOOKS)共同監修・執筆・編集。

 

Shinichi Sugawara

A musician, he made his debut as a guitarist of Siamese Cats in 2009. He started his solo career around 2012. He presides over a small Orchestra, Sugawara Shinichi Band, and released a 7-inch analog disc “Ground Scarf / Seashell Song” in 2019. After the breakup of Siamese Cats, he has been active in a wide range of activities including producing and writing, while conducting research on Asian pop culture based on his experience of interacting with musicians from various parts of Asia. In 2019, he wrote the music and theme song “Harema no hi nidemo” for the movie “Dong Teng Town” directed by Kohei Inoue. In 2021, he composed improvised music for Kohei Inoue’s film “Bird Watcing”. In 2022, he composed the music for Rikiya Imaizumi’s film “Neko ha nigeta”.
In 2022, he named himself Shin and formed SAMOEDO with nakayaan, Kento Suzuki, and Naruki Numazawa. The first single “Suiteki” was released on May 6 of the same year.

He is a regular contributor to “Fascinating Asia Pop News” on the music web media “TURN”. Major contributions include articles in “Music Magazine” and “Guitar Magazine. He has appeared on NHK-FM’s “Win Morisaki’s DRIP ASIA” and TBS Radio’s “After 6 Junction”, and is the navigator of the podcast program “Hao Wan Den Tai”. Co-supervisor, writer, and editor of the book “Asian City Music Disc Guide” (DU BOOKS).

Contact 📩