Profile

菅原慎一(すがわら・しんいち)

千葉県出身の音楽家。2009年、4人組ロックバンド、シャムキャッツとしてデビュー。リードギターとソングライティングを担当。2018年、FUJI ROCK FESTIVAL出演。アルバム通算6枚をリリース、自主レーベル立ち上げなど2010年代のインディーシーンを牽引し、2020年に解散。

現在は、映画音楽(2019年公開・井上康平監督「ドンテンタウン」、2021年公開「鳥を見に行く」、2022年公開予定・今泉力哉監督「猫は逃げた」)、CM楽曲制作、アーティストの楽曲プロデュースなどに関わる。

また、度々アジアを訪れ、現地のミュージシャンと交流した経験から、アジアのポップカルチャーの語り手として多数メディアへ出演。そのほか、カレー愛好家、カセットテープ愛好家としての顔をもち、執筆、イベントキュレーション、メニュー開発に携わるなど、ミュージシャンの垣根を越えて活動中。

音楽ウェブメディア『TURN』内「魅惑のアジアポップ通信」連載。
主な寄稿に、「ミュージック・マガジン」、「ギター・マガジン」。主な企画・出演に、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」、NHK-FM「森崎ウィンのDRIP ASIA」、BSフジ「TOKYO CITY POP 2020」。Podcast番組「好玩電台(ハオワンデンタイ)」ナビゲーター。「アジア都市音楽ディスクガイド」(DU BOOKS)共同監修。

 

Shinichi Sugawara

A musician from Chiba, Japan, he made his debut in 2009 as a member of the four-piece rock band Siamese Cats. They performed at the FUJI ROCK FESTIVAL in 2018. They released 6 albums and started their own label, leading the indie scene in the 2010s.

Currently, he is involved in film music (“Dong Teng Town” in 2019, “BIRD WATCHING” in 2021, “The Cat Got Away” directed by Rikiya Imaizumi to be released in 2022), commercial music production, and music production for artists.

He has also made numerous media appearances as a narrator of Asian pop culture based on his experience of frequent visits to Asia and interaction with local musicians. He is also a curry enthusiast, a cassette tape enthusiast, a writer, an event planner, a menu developer, and is active beyond the boundaries of musicians.

He is a regular contributor to the “Fascinating Asian Pop Letter” section of the music web media TURN. He is a regular contributor to Music Magazine and Guitar Magazine. He is also the navigator of the podcast program “Haowan diantai”. A tentative “Asian City Music Disc Guide” (DU Books), which he supervised and wrote, will be published.