Schoolyard Council:3

『 Schoolyard Council:3 |テーマ:私たちにとってなくてはならない本屋・レコ屋・映画館・喫茶店 』
・日時: 2019年1月31日(金)19:00開場/19:30開始(21:00終了)
・会場: TOT STUDIO( THINK OF THINGS 2F )
・料金: 1,500円(ご予約優先)  THANK YOU SOLD OUT
・トーク:Tripod(菅原慎一、安永哲郎、小柳帝)
・ゲスト:難波里奈(純喫茶コレクション)、平野有優(NADiff)

詳細はこちら https://syc03.peatix.com

菅原慎一(シャムキャッツ)+小柳帝(ライター/編集者)+安永哲郎(THINK OF THINGS)=Tripodが主催する学びの場「Schoolyard Council 」、第3回のテーマは「私たちにとってなくてはならない本屋・レコ屋・映画館・喫茶店」。その魅力について、ゲストとともに語り合います。

ネットを使って音楽や映画、アートなどの情報にすぐアクセスできる昨今、そういったものを取り扱う実店舗の姿はどんどん少なくなっています。
また、チェーン店の波に押し寄せられ、店主のこだわりが感じられる喫茶店も、徐々にその姿を消しつつあります。
繰り返される街の再開発によるところも大きいかもしれません。

私たちは、その場所にしかないもの、その空間でしか体験できないことから、確実に大事なものを受け取ってきました。

店主のこだわりがつまった本棚を眺めていると、思わぬ出会いがあったりします。そうして手に取った本から得る知見は、人生にいいヒントを与えてくれることがあります。
自分の目と手を使って、レコード独特のにおいを感じながら音楽を発掘する体験には、サブスクでは味わえないスリルと収穫があります。
劇場のスクリーンに映し出される映像と音楽から受け取った感動、胸の高鳴りは、帰宅してベッドに入り目を瞑るまでずっと続くことがあります。
お気に入りの喫茶店でゆっくりと一人で過ごす時間は格別です。美味しいコーヒーとケーキを楽しみながら、気のおけない友人と会話をするのも幸せですね。

今回はそのような、「私たちにとってなくてはならない」場所、書店・レコード店・映画館・喫茶店について、掘り下げていきます。

ゲストとしてお招きするのは、NADiffの平野有優さん、純喫茶コレクションの難波里奈さん。
平野さんからは、アート専門書店を運営する側の視点から、本屋についてのお話を、難波さんには、昭和の文化遺産でもある純喫茶の魅力を、それぞれ語っていだきます。
Tripodのメンバーからは、菅原がミュージシャンの立場からレコード店について、映画ライターとしての顔を持つ小柳は映画館について、それぞれの想い、マイ・フェイバリットを紹介します。

【ゲスト】

難波里奈 | RINA NAMBA(純喫茶コレクション)

東京喫茶店研究所二代目所長。日中は会社員、仕事帰りや休日にひたすら純喫茶を訪ねる日々。
「昭和」の影響を色濃く残すものたちに夢中になり、当時の文化遺産でもある純喫茶の空間を、日替わりの自分の部屋として楽しむようになる。ブログ「純喫茶コレクション」、著書に『純喫茶コレクション』、『純喫茶へ、1000 軒』、『純喫茶、あの味』、『純喫茶とあまいもの』、『クリームソーダ 純喫茶めぐり』、『純喫茶の空間』。
純喫茶の魅力を広めるためマイペースに活動中。

平野有優 | AYUU HIRANO(NADiff)

東京都出身 日本大学芸術学部写真学科卒。恵比寿に本店を構えるアートショップ「NADiff」運営メンバー。

 

 

【 What’s Tripod? 】

シャムキャッツのギタリストとしても知られるミュージシャンの菅原慎一、THINK OF THINGSコンテンツ・ディレクターの安永哲郎、各方面で執筆活動を展開しているライター/編集者の小柳帝という、業/職種も世代も異なる三人が、これから共にイベントやグッズの企画・開発などを行なっていくためのチーム〈 Tripod 〉を結成しました。

Tripod(トライポッド)とは、カメラなどで使う三脚のことです。本来なら全く同じ三本の脚で安定的に支えるべきところですが、異なる出自、背景を持つ私たちという脚ではどこかアンバランスになってしまうかもしれません。それでも、私たちの持っている何らかの共通項が、絶妙なバランスでカメラを支えてくれるものと信じています。

それは、鉛筆を親指、人差し指、中指の三本の指で器用に支えるあの持ち方にどこか似ているかもしれません。実際、英語では、あの持ち方を「Tripod Grip」と言うそうです。

そんな私たち〈 Tripod 〉の上に載るカメラが不意に捉える風景を、私たち〈 Tripod 〉が握る鉛筆が偶然描き出す線の軌跡を、私たちもワクワクしながら眺めることができたらと思っております。

その〈 Tripod 〉を据える、私たちの広場のような場(イベント)が、〈 Schoolyard Council 〉です。Schoolyard Council(スクールヤード・カウンシル)、もちろん私たちの作った造語ですが、あえて訳せば「校庭評議会」ということになるでしょうか。

「教室」でも「部室」でもなく、気持ちの良い風のそよぐ「校庭(Schoolyard)」のような場所(THINK OF THINGS)で、音楽・映画・アート・デザインなどさまざまなカルチャーを、ジャンルの垣根を取り払いながら、自由に、でもちょっと生真面目に、課外活動感覚で楽しく共に学べる場にしたいと思っております。

今後とも、〈 Tripod 〉の活動にご注目くださいませ。

Twitter

Instagram
https://instagram.com/schoolyardcouncil

〈 Schoolyard Council 〉2

『 Schoolyard Council:2 |テーマ:title sequence 』
・日時: 2019年11月29日(金)19:00開場/19:30開始(21:00終了)
・会場: TOT STUDIO( THINK OF THINGS 2F )
・料金: 1,500円(ご予約優先)
・トーク:Tripod(菅原慎一、安永哲郎、小柳帝)
・ゲスト:福富優樹(Homecomings)、小川あん and more

詳細・申し込みはこちら https://syc01.peatix.com

菅原慎一(シャムキャッツ)+小柳帝(ライター/編集者)+安永哲郎(THINK OF THINGS)=Tripodが主催する学びの場「 Schoolyard Council 」、第2回のテーマは「title sequence」。いわゆる映画のタイトルバックについて、多彩なゲストとともに語り合います。

映画を観るとき、ヒッチコックの映画のように、冒頭にデザイン性の高いクールでカッコいいタイトルバックが出てくると、観る前からワクワクしてきますよね。また、本編が終わって、下手したらお客さんが席を立って行ってしまうエンドクレジットが、ウェス・アンダーソンの映画のように、アニメーションなどを駆使したチャーミングな映像になっていると、映画を2倍楽しめたような気になってしまいます。

そんな映像を、英語圏では「タイトル・シークエンス」と呼んでいます。そして、1950年代のヒッチコック映画の頃から、このタイトル映像を専門に制作するデザイナーや映像作家が登場します。

「スクールヤード・カウンシル」の第2回は、そんな映画の「タイトル・シークエンス」に注目します。まず、前半は、Tripodの小柳が、ソール・バスに始まるその「タイトル・シークエンス」の歴史を、実際の映像を観ていただきながら解説します。ちなみに小柳は、そのタイトルバック・デザインのオリジネーターであるソール・バスのDVDの解説を書いております。

そして、後半は、Tripodの他のメンバー菅原、安永をはじめ、映画ファンとしてもつとに知られるミュージシャンの福富優樹さん(Homecomings)、俳優の小川あんさんらをお招きし、それぞれの「マイ・フェイバリット・タイトルバック」をご紹介いただきます。

映画のみならず、映像・アニメーション・デザイン・音楽などに関心のある方にも楽しんでいただける講座です。

【ゲスト】

福富優樹(Homecomings)
1991年5月生まれ石川県出身。homecomingsのギターと作詞を担当。好きな映画は「ロイヤルテネンバウムス」「スモーク」「ファーゴ」「トゥルーマン・ショウ」など。ビルマーレイが大好き。京都アニメーション『リズと青い鳥』や今泉力哉監督の映画『愛がなんだ』の主題歌も手掛ける。映画の上映とバンドのライブ、zineの制作が一体となったイベント「new neighbors」をイラストレーターのサヌキナオヤとバンドの共催で定期的に行っている。これまでの上映作品は「アメリカン・スリープオーバー」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「スモーク」「ゴーストワールド」。またサヌキ氏と共作の漫画『confused!』の単行本が発売中。京都α-stationにてレギュラー番組『moonrise kingdom』が放送中。


小川あん
1998年3月29日生まれ。東京都出身、俳優。主な出演作に、『天国はまだ遠い』(監督:濱口竜介)、『あいが、そいで、こい』(監督:柴田啓佑)、『わたしは光をにぎっている』(監督:中川龍太郎)、日清食品カップヌードルCM「HUNGRY DAYS 最終回篇」などがある。Gucchi’s Free School 公式HP、雑誌『DVD&動画配信でーた』では、映画コラムを執筆中。現在は大学卒業の為に俳優活動は休止しているが、来年イギリス留学を経て再開予定。

【 What’s Tripod? 】

Tripod(トライポッド)とは、カメラなどで使う三脚のことです。本来なら全く同じ三本の脚で安定的に支えるべきところですが、異なる出自、背景を持つ私たちという脚ではどこかアンバランスになってしまうかもしれません。それでも、私たちの持っている何らかの共通項が、絶妙なバランスでカメラを支えてくれるものと信じています。

それは、鉛筆を親指、人差し指、中指の三本の指で器用に支えるあの持ち方にどこか似ているかもしれません。実際、英語では、あの持ち方を「Tripod Grip」と言うそうです。

そんな私たち〈 Tripod 〉の上に載るカメラが不意に捉える風景を、私たち〈 Tripod 〉が握る鉛筆が偶然描き出す線の軌跡を、私たちもワクワクしながら眺めることができたらと思っております。

その〈 Tripod 〉を据える、私たちの広場のような場(イベント)が、〈 Schoolyard Council 〉です。Schoolyard Council(スクールヤード・カウンシル)、もちろん私たちの作った造語ですが、あえて訳せば「校庭評議会」ということになるでしょうか。

「教室」でも「部室」でもなく、気持ちの良い風のそよぐ「校庭(Schoolyard)」のような場所(THINK OF THINGS)で、音楽・映画・アート・デザインなどさまざまなカルチャーを、ジャンルの垣根を取り払いながら、自由に、でもちょっと生真面目に、課外活動感覚で楽しく共に学べる場にしたいと思っております。

今後とも、〈 Tripod 〉の活動にご注目くださいませ。

〈 Schoolyard Council 〉をはじめます。

各方面で執筆活動を展開しているライター/編集者の小柳帝さん、THINK OF THINGSコンテンツ・ディレクターの安永哲郎さん、そして菅原という、業/職種も世代も異なる三人で、これから共にイベントやグッズの企画・開発などを行なっていくためのチーム〈 Tripod 〉を結成しました。
素敵なデザインは田部井美奈さんによるものです。

これから定期的に学びの場〈 Schoolyard Council 〉を開催していきます!

第一回は、国内外で活動しているバンド「ミツメ」の大竹氏をゲストに迎えます。
開演までの30分間はTripodによるカセットDJを、開演後は大竹氏にご登場いただき、各々選りすぐりのカセットを選曲・紹介しそのカルチャーの深淵に触れます。

『 Schoolyard Council:1 |テーマ:cassette tape 』
・日時: 2019年10月25日(金)19:00開場/19:30開始(21:00終了)
・会場: TOT STUDIO( THINK OF THINGS 2F )
・料金: 1,500円(ご予約優先)
・トーク:Tripod(菅原慎一、安永哲郎、小柳帝)
・ゲスト:大竹雅生(ミツメ)

詳細・申し込みはこちら https://syc01.peatix.com

菅原慎一(シャムキャッツ)+小柳帝(ライター/編集者)+安永哲郎(THINK OF THINGS)=Tripodが主催する学びの場「 Schoolyard Council 」。記念すべき第一回は、ミツメの大竹雅生を迎えてカセットの魅力について語り尽くします。

アナログ音楽ブームの中で、レコードに次いでカセットテープが再び注目されていることはご存知でしょうか。
レコードの祭典「レコード・ストア・デイ」にインスパイアされ、今や世界中で「カセット・ストア・デイ」が開催されているほどです。

1970~90年代、ラジカセにひっついてラジオのエアチェックをしていた世代にとっては懐かしのカセットですが、若いリスナーやアーティストからはまったく新しい記録メディアの一つとしてひろく親しまれつつあります。

Tripodが開催する学びの場「Schoolyard Council」の記念すべき第一回は、東京を拠点に国内外で活動しているバンド「ミツメ」のギターを担当する大竹雅生氏をゲストに迎え、なぜカセットなのか? その問いを共に探っていきます。

開場~開演までの30分間は、TripodチームによるカセットDJパフォーマンスを、開演後は大竹氏にご登場いただき、各々選りすぐりのカセットを選曲・紹介して、その独自のカルチャーの深淵に触れます。

とりわけ中音域に音のエネルギーが集中しているカセットは、CDやmp3で聴く音とは違った迫力があります。会場のTHINK OF THINGSに用意されたヴィンテージオーディオで、その独特のダイナミズムを共に楽しみましょう。

【 What’s Tripod? 】
Tripod(トライポッド)とは、カメラなどで使う三脚のことです。本来なら全く同じ三本の脚で安定的に支えるべきところですが、異なる出自、背景を持つ私たちという脚ではどこかアンバランスになってしまうかもしれません。それでも、私たちの持っている何らかの共通項が、絶妙なバランスでカメラを支えてくれるものと信じています。

それは、鉛筆を親指、人差し指、中指の三本の指で器用に支えるあの持ち方にどこか似ているかもしれません。実際、英語では、あの持ち方を「Tripod Grip」と言うそうです。

そんな私たち〈 Tripod 〉の上に載るカメラが不意に捉える風景を、私たち〈 Tripod 〉が握る鉛筆が偶然描き出す線の軌跡を、私たちもワクワクしながら眺めることができたらと思っております。

その〈 Tripod 〉を据える、私たちの広場のような場(イベント)が、〈 Schoolyard Council 〉です。Schoolyard Council(スクールヤード・カウンシル)、もちろん私たちの作った造語ですが、あえて訳せば「校庭評議会」ということになるでしょうか。

「教室」でも「部室」でもなく、気持ちの良い風のそよぐ「校庭(Schoolyard)」のような場所(THINK OF THINGS)で、音楽・映画・アート・デザインなどさまざまなカルチャーを、ジャンルの垣根を取り払いながら、自由に、でもちょっと生真面目に、課外活動感覚で楽しく共に学べる場にしたいと思っております。

今後とも、〈 Tripod 〉の活動にご注目くださいませ。